ブログトップ

おきなわのくらしかた

sakurafood.exblog.jp

お弁当記念日

今月から息子が幼稚園に通い始めました。
と同時に、私も久しぶりに規則正しい生活に。
なにせ最寄りの幼稚園までは片道20キロ!
特に教育内容にこだわって遠くまで通わせている、とかではなく、
3年保育の幼稚園となると一番近いのがここだった、という…。

沖縄で言うところの「幼稚園」とは、通常、
公立の小学校に付属する一年保育の公立幼稚園のことであり、
いわゆるアメリカ統治下の“プレスクール”の名残りだとも
言われているようです。
また、沖縄は共働き率が高いため、
多くの家庭では幼い頃から近隣の保育園に通わせて
小学校入学一年前になると付属の幼稚園にシフトするという
パターンが多いようで、
私の住む村にも保育園ならば3つもあります。

実際に私の周りにも専業主婦はほとんどおらず、
「なんで預けないの?」と不思議がられることもしばしば…。
私にとっては、忙しない東京から
自然豊かな沖縄に移り住んだからこそ
家庭に入り夫を支え子どもを育てたいという希望があったので
そういった声に戸惑うことも多々ありました。
こればっかりは、何が正しくて何が間違っているとかではなく、
価値観の違いというやつであり、
理解されないのも致し方ないなぁ…というのが
今まで押し黙っていた本音です。

と同時に、夫も私も母親は専業主婦で、
お互いが3年保育の幼稚園に通っていたというのも、
今の私たち家族のライフスタイルに
揺るぎないものを与えているのかもしれません。
とにもかくにも、そんな経緯があるので
片道20キロ、一日2往復で80キロを週に5日…という
数字にすればちょっと気の遠くなるような送迎も
「そのために私がいる」と思えば、なんということはない。
むしろ楽しんでみせる!と意気揚々としています。





はてさて、そうは言っても毎日早起きになりました。
一番ドタバタするのは、週に2回のお弁当の日。
お弁当箱は、私が幼稚園生のときに使っていた
みつばちマーヤのアルマイト製。

b0191688_23132953.jpg


昔はみんなこれでした!
まさか自分の息子に受け継ぐことになるとは思ってもおらず。
ずっと大切に保管してくれていた母に感謝です。




記念すべき、4月18日(月)。
第一回目のお弁当です。

b0191688_23195930.jpg


3種類のおにぎり、ウインナー、卵焼き、きゅうりの浅漬け、
チーズかまぼこ、いちご。

多いのか少ないのかもわからない。
そしてお弁当箱にいかほど入るのかもわからず悪戦苦闘!
時間が迫って手が震えるほどに焦る!
そしてやっとのことで息子に手を振り、
気になるのはやっぱりお弁当のこと。
食べた…食べない…食べた…食べない…と、
花占いをしながら待つこと6時間。
迎えに行くと満面の笑みで「全部食べたよ〜!」と。
でもね、お母さんは半信半疑よ。フタを開けるまでは。(笑)

b0191688_23355987.jpg


もう、なんというか、こみ上げるものがありました。
あれは嫌だとか、もう食べないとか、
日々文句ばかり言いながらご飯を食べていた息子が
こんなにすっかり食べてくれるなんて!
涙で滲んだファインダーを覗きながら
食後のお弁当箱を写真に収めるなんて!




そんな記念日から、もう2回も。

金曜日はミルクとパンのみの給食につき、
“副菜およびデザートを。”という指定付きのお弁当。

b0191688_23425388.jpg


ナポリタン、ポテトサラダ、スティックチーズ、
バナナとレーズンのハチミツレモンマリネ、いちご。




そしてまた、月曜日。
「ウインナーとたまごやきはぜったいね!」と言われているので
そこは遵守。

b0191688_23462183.jpg


カレーピラフ、ウインナー、ブロッコリー(マヨネーズ添え)、
卵焼き、ちくわチーズ&ちくわきゅうり、
ガジャーハルワ、オレンジ、いちご。



いずれも、祝、空っぽ! バンザイ!




ふと頭に浮かんだ、俵万智さんの有名な短歌。

「『この味がいいね』と君が言ったから七月六日はサラダ記念日」

当時、私はまだ小学校を卒業したくらいのこどもだった。
一体この歌の何がいいのだろう?と思っていた。
でも今の私には心に響く。
“君”のことをすごく愛していたんだろうなぁ。
サラダを一口食べたとき、
きっと忘れられないほどの笑顔だったんだろうなぁ。
そして何より、
“君”から愛されていることを実感したんだろうなぁ、と。


サラダがお弁当に替わってもまたしかり。
息子が生まれて3年ちょっと。
自分が一方的に与えてきたと思っていた愛情が、
初めてカタチになって返ってきたと思った。
週に2回もお弁当なんて面倒な…と思っていたけれど、
まだ感情を100%表現できない幼児の親にとって
幼稚園のお弁当は、想像を遥かに超える
特別でまばゆいツールだと思う。


頑張って作る。
頑張って食べる。


親も子も、目には見えない何かを確かめるために。



b0191688_036455.jpg

[PR]
by sakurafood | 2011-04-28 00:58 | こどものこと
<< 2011 TOKYO 1 我が家のカレー定食 >>