ブログトップ

おきなわのくらしかた

sakurafood.exblog.jp

元気ですかーっ!

久しぶりに豊見城にある海洋食堂に行きました。
(以前アップした記事はこちら

息子のときもそうでしたが、
我が家にとっては、
離乳食時期には欠かせないお店です。
なにせ、おいしいゆし豆腐があるから!
食堂を始める前はお豆腐屋さんだったということで、
今でも豆腐は自家製なのだそうです。


夫は前もこれを食べていた気がする。
「ゆしどうふと野菜炒め」700円。
目玉焼きがドデンっ!と。
b0191688_13453975.jpg



息子は「チャーファンがいい!」とのことで、
「焼きめし」500円。
小さいそばとおからがついてきます。
福神漬けがいい感じ!
b0191688_13471086.jpg



私は目が泳ぎすぎて、
仕切るおばちゃんを前にたじろぎ(笑)
なぜか「や、焼きそばで〜!!」と叫んでいました。
550円なり。
b0191688_13515483.jpg

注文したあとも、
なんでここに来て豆腐のメニューを注文しないかな、私!
と、頭のなかで苦笑していたら、
ちゃんとゆしどうふ付きでした♪
b0191688_14164096.jpg


しかし、驚いたのは焼きそばを注文したときに
「ソースとケチャップどっち!」と聞かれたこと。
ケチャップ味の焼きそばってなによ!?と
夫と「ないない!」と話しながら帰宅したのですが、
あとで検索をかけたら、なんと!
てんもりさんが食べてました!ケチャップ焼きそば
なるほど、ナポリタンと考えれば…うむ。
海洋食堂の創業はもう30年以上前というから、
ケチャップ焼きそば誕生の裏に
なんらかのストーリーが隠されていそうな気配です。


息子が残したチャーファンを包んでもらおうと
すごすごとトレーを持って厨房のほうに行くと、
「今パック渡すから!(自分で入れて)」と
パックと輪ゴムとビニール袋を手渡されました。
ハイ、余計なことをしてスミマセンっ!

そして帰り際、「お会計1750円ね!」といわれて
2050円を差し出すと、50円を即座に返され、
さらに250円を渡されました。
ハイ、余計なことをしてスミマセンっ!


でもまた絶対行きます!!

…って思えるのは、言葉のうらに愛情を感じるから。
言うなれば、アントニオ猪木のビンタみたいなもの!?
(いや、されたことはないけれど…)
元気をたっぷり注入してもらいました。

ごちそうさまでした。

b0191688_1451163.jpg

[PR]
by sakurafood | 2010-10-10 14:33 | ごはんを食べにいく
<< 秋の味覚:無花果 [いちじく] プリンのうつわ >>