ブログトップ

おきなわのくらしかた

sakurafood.exblog.jp

カテゴリ:こどものこと( 4 )

2歳になりました

今日は朝起きたら雨で歩けず…
こんなときこそブログの更新だ!と机に向かっています。

もう一ヶ月以上前のことですが、娘が2歳になりました。
昨年は1歳目前で卵の軽いアレルギーが発覚し、
身体に湿疹が出ていたこともあって
お誕生日ケーキも卵なしのドーナツに変更したのでした。
あれから一年、それでも様子をみながら少しずつ食べさせて、
気づけば卵の入ったものもほぼ食べられるまでになりました。
湿疹も体調によって少しは出たりもするけれど、
通院するほどのものでもなくホッとしています。

というわけなので、
今年のお誕生日ケーキは初めてのスポンジケーキ!
まずは恒例の“消えないロウソククッキー”を焼いてパーツの準備。

b0191688_750563.jpg


2本多いのは何かのときの予備パーツ。笑)
今回もアイシングは卵白を使わず粉砂糖とレモン汁だけ。
左下は正方形の波形の型で抜いただけですが
重ねるとプレゼントっぽく見えるのでお気に入りです。

あとはいつも通りスポンジを焼いてイチゴを挟んで
重ねて飾ってできあがり。

b0191688_8194184.jpg



いつも前のめりなお兄ちゃんのうしろでニコニコしていて
とってもマイペースな娘。
兄妹でこうも違うものなのかと
夫ともいつも首を傾げるのだけれど、
よく考えたら兄妹の差は生まれるときから。

お兄ちゃんは予定日より一ヶ月も早く生まれてきて、
娘は予定日を過ぎても生まれる気配がなく、
私の血圧が上がってきてしまったため
促進剤で追い出されるように出てきて…。

そのときは何とも思わなかったけれど、
今思えば、これも元々定められた性格なのかなぁなんて
日々兄妹を見比べて目を細めています。


これからものんびりすくすくと。
2歳もすてきなことがたくさんありますように。

b0191688_8404471.jpg

[PR]
by sakurafood | 2012-02-26 08:42 | こどものこと

4歳になりました

先日、息子が4歳になりました。
わたしのなかで、3歳までは“幼児”という印象ですが
4歳はもう立派な“こども”のような気がします。
実際、4月から幼稚園という
家族以外の人と人が繋がる社会に入り、
息子もいろいろなことを学び、日々ぐんぐんと成長しています。
「三つ子の魂百まで」というけれど、
生まれてから3歳までの幼児期を終えて、
私自身のなかでも親として
一つの大きな役目を果たした気持ちです。


…なんてしみじみとしながら、今年もケーキを焼きました。
まずは、前日にクッキーでパーツ作りから。
バースデーケーキに使うのはロウソクときのこだけですが、
毎年クリスマス用のパーツも一緒に焼いてしまいます。

b0191688_7281514.jpg


今年は娘が食べることも考えて、アイシングに卵白を使わず
粉砂糖とレモン汁だけで作りましたが
ちょっと発色と輪郭が水っぽいというか、
なんとなくぼやけた印象な気がしましたが(それは腕という話も!笑)
家で楽しむぶんにはこれで充分な気がします。


そして、スポンジを焼いて、半分にカット。

b0191688_7371917.jpg


今年は、この道具が大活躍!
先日フリーマーケットで見つけて購入した
wiltonのcake levelerというもの。
ハンガーみたいなステンレスの枠にワイヤーが張られた
とっても単純な作りなのですが、
これをケーキの高さにあわせてスライドさせるだけで
スポンジを平行に切り分けることができるのです!
高さ調整の溝も細かくいくつもあるので、
上面の茶色い焼き面だけを薄く切ることもできてとっても感動!!
私はアメリカのご夫人から購入したのですが(しかも100円で!)
日本でもこんなの売っているのかなぁ…。
これは年に数回しか使わないにしても、
あのスポンジをスライスするときのドキドキを考えたら
ぜひ手元に置いておきたい道具の一つです。


というわけで、半分にスライスしたスポンジにシロップを打って
生クリームを塗って、いちごを。

b0191688_811438.jpg


これで完成でいいのでは!?と、
頭のなかで誰かが囁きました。(笑)
いちごのチカラってすごいなぁ!!
…と、しばしうっとりしながら作業をすすめて、今年も完成。
毎年同じようなケーキばかりですが、
“消えないろうそくクッキー”も数が少ないうちの特典!(笑)

b0191688_9184710.jpg

    4歳もすてきなことがいっぱいありますように!
[PR]
by sakurafood | 2011-12-30 09:23 | こどものこと

お弁当記念日

今月から息子が幼稚園に通い始めました。
と同時に、私も久しぶりに規則正しい生活に。
なにせ最寄りの幼稚園までは片道20キロ!
特に教育内容にこだわって遠くまで通わせている、とかではなく、
3年保育の幼稚園となると一番近いのがここだった、という…。

沖縄で言うところの「幼稚園」とは、通常、
公立の小学校に付属する一年保育の公立幼稚園のことであり、
いわゆるアメリカ統治下の“プレスクール”の名残りだとも
言われているようです。
また、沖縄は共働き率が高いため、
多くの家庭では幼い頃から近隣の保育園に通わせて
小学校入学一年前になると付属の幼稚園にシフトするという
パターンが多いようで、
私の住む村にも保育園ならば3つもあります。

実際に私の周りにも専業主婦はほとんどおらず、
「なんで預けないの?」と不思議がられることもしばしば…。
私にとっては、忙しない東京から
自然豊かな沖縄に移り住んだからこそ
家庭に入り夫を支え子どもを育てたいという希望があったので
そういった声に戸惑うことも多々ありました。
こればっかりは、何が正しくて何が間違っているとかではなく、
価値観の違いというやつであり、
理解されないのも致し方ないなぁ…というのが
今まで押し黙っていた本音です。

と同時に、夫も私も母親は専業主婦で、
お互いが3年保育の幼稚園に通っていたというのも、
今の私たち家族のライフスタイルに
揺るぎないものを与えているのかもしれません。
とにもかくにも、そんな経緯があるので
片道20キロ、一日2往復で80キロを週に5日…という
数字にすればちょっと気の遠くなるような送迎も
「そのために私がいる」と思えば、なんということはない。
むしろ楽しんでみせる!と意気揚々としています。





はてさて、そうは言っても毎日早起きになりました。
一番ドタバタするのは、週に2回のお弁当の日。
お弁当箱は、私が幼稚園生のときに使っていた
みつばちマーヤのアルマイト製。

b0191688_23132953.jpg


昔はみんなこれでした!
まさか自分の息子に受け継ぐことになるとは思ってもおらず。
ずっと大切に保管してくれていた母に感謝です。




記念すべき、4月18日(月)。
第一回目のお弁当です。

b0191688_23195930.jpg


3種類のおにぎり、ウインナー、卵焼き、きゅうりの浅漬け、
チーズかまぼこ、いちご。

多いのか少ないのかもわからない。
そしてお弁当箱にいかほど入るのかもわからず悪戦苦闘!
時間が迫って手が震えるほどに焦る!
そしてやっとのことで息子に手を振り、
気になるのはやっぱりお弁当のこと。
食べた…食べない…食べた…食べない…と、
花占いをしながら待つこと6時間。
迎えに行くと満面の笑みで「全部食べたよ〜!」と。
でもね、お母さんは半信半疑よ。フタを開けるまでは。(笑)

b0191688_23355987.jpg


もう、なんというか、こみ上げるものがありました。
あれは嫌だとか、もう食べないとか、
日々文句ばかり言いながらご飯を食べていた息子が
こんなにすっかり食べてくれるなんて!
涙で滲んだファインダーを覗きながら
食後のお弁当箱を写真に収めるなんて!




そんな記念日から、もう2回も。

金曜日はミルクとパンのみの給食につき、
“副菜およびデザートを。”という指定付きのお弁当。

b0191688_23425388.jpg


ナポリタン、ポテトサラダ、スティックチーズ、
バナナとレーズンのハチミツレモンマリネ、いちご。




そしてまた、月曜日。
「ウインナーとたまごやきはぜったいね!」と言われているので
そこは遵守。

b0191688_23462183.jpg


カレーピラフ、ウインナー、ブロッコリー(マヨネーズ添え)、
卵焼き、ちくわチーズ&ちくわきゅうり、
ガジャーハルワ、オレンジ、いちご。



いずれも、祝、空っぽ! バンザイ!




ふと頭に浮かんだ、俵万智さんの有名な短歌。

「『この味がいいね』と君が言ったから七月六日はサラダ記念日」

当時、私はまだ小学校を卒業したくらいのこどもだった。
一体この歌の何がいいのだろう?と思っていた。
でも今の私には心に響く。
“君”のことをすごく愛していたんだろうなぁ。
サラダを一口食べたとき、
きっと忘れられないほどの笑顔だったんだろうなぁ。
そして何より、
“君”から愛されていることを実感したんだろうなぁ、と。


サラダがお弁当に替わってもまたしかり。
息子が生まれて3年ちょっと。
自分が一方的に与えてきたと思っていた愛情が、
初めてカタチになって返ってきたと思った。
週に2回もお弁当なんて面倒な…と思っていたけれど、
まだ感情を100%表現できない幼児の親にとって
幼稚園のお弁当は、想像を遥かに超える
特別でまばゆいツールだと思う。


頑張って作る。
頑張って食べる。


親も子も、目には見えない何かを確かめるために。



b0191688_036455.jpg

[PR]
by sakurafood | 2011-04-28 00:58 | こどものこと

タンカーユーエー

先日、娘が1歳の誕生日を迎えました。

b0191688_214015.jpg


沖縄では100日祝いに続き、
1歳の誕生日を特に盛大に祝う風習があるようで、
この日のお祝い事を「タンカーユーエー」と言います。
タンカーは満1歳の誕生日、ユーエーはお祝い事の意味だそうです。

ちょうど昨年末『レキオ』の島ネタCHOSA班に
タンカーユーエーの記事が出ていました!





じつは、誕生日を迎える前日のこと。
なんとなく最近娘の皮膚がカサカサしていて
湿疹らしきものが出ているのが気になって
気軽な気持ちで皮膚科に行ったところ、まさかのアレルギー宣告!
考えられる原因としては食物、おそらく卵ではないか、と。
しかし、程度としてはとても軽いらしく、
血液検査もまだしなくてもいいかな、くらいのレベルのよう。
ひとまず、たまごそのものを与えるのはやめてみて、とのことで、
例えば、卵を使ったパンなんかは気にしないでもいいし、
あまり神経質にならなくてもいいですよ、と言われて
ちょっぴり安心したものの、
わざわざ入っているものを与える必要もないのかな、とも思うし、
湿疹が出やしないかドキドキしながらの食事も嫌なので
次の検診まではひとまず
気がつく限りは除去してみようかな、と。

1歳直前にまさかのアレルギー発覚で肩を落としたけれど、
逆に言えば、誕生日前で本当によかったです!




というわけで、予定していた誕生日ケーキも急きょ変更。
さて、どうしようかな…と手持ちのレシピ本をめくったものの、
改めてお菓子作りに卵って必須なんだなぁ、と気づく。
色々調べてみたけれど、
卵のチカラで生地を膨らますスポンジを
他の何かに置き換えて膨らますのもなんだか違う気がして、
だったら小さいものを重ねるっていうのはどうかな?と
最終的に思いついたのが、これでした。



焼きドーナツ。
b0191688_249599.jpg

娘を妊娠中、出産予定日も間近に迫った頃の話です。
身体が重くてどこへも行けないストレスが頂点に達したある日。
ディスカウントストアのチラシで焼きドーナツメーカーを見つけ、
母に「これ買って来て〜!」とお願いして
家でひたすら焼いてストレスを発散させ、
それを息子に食べさせていた…という、想い出の焼きドーナツ。
そのときに焼きすぎたせいですっかりお蔵入りだったのですが、
久しぶりに引っ張りだして焼きました。
もちろん卵なしです。

そして、チョコレートでデコレーションをして、
積み重ねてできたのが、このケーキ。



題して、ドーナツタワー!(笑)
b0191688_3662.jpg

なんだかゴテゴテしてしまって、
何十年もかけて作っている謎の建造物風ではありますが…
なんとかボリュームのある一品が完成!
意外にも、ケーキを切り分ける作業がなく、洗いものも出ず、
ワイワイと手でつまめる“フィンガーデザート”になったのは
楽しい誤算でした。




そして、ご飯もちょっとだけ楽しく。
「クマさん巻き」なるものに挑戦!
b0191688_312225.jpg

かろうじて…クマ…!?(笑)
クックパッドのこちらのレシピにお世話になりました。
なにせ、巻き寿司なんぞ作ったことがなくて、
今回のために母に“巻きす”を借りたほど!
しかしながら、
ちゃんと顔になっているかどうか
ドキドキしながら切る瞬間がスリル満点で、
娘がいっぱい食べてくれた嬉しさもあって
しばらくハマってしまいそうです。


息子は、これにイクラの軍艦つき!
クマさん巻きは、切る場所によって
表情が微妙に違うのもまたかわいい。
b0191688_3234998.jpg





そして大人たちは、「やざえもん」の寿司!!(笑)
b0191688_3251066.jpg

おいしかったー!




ご飯のあとは、ケーキのロウソクに火をつけて、
大きな病気もなく無事に1歳を迎えたことをお祝いしました。
b0191688_3374949.jpg




そしてそして、タンカーユーエーのメインイベントでもある
「タンカー占い」も忘れずに。

こどもの前に、
赤飯、お金、筆、本、ハサミ、そろばんなどを置いて
どれを取ったかで将来を占う、というもの。
我が家は、お赤飯は白いご飯に、そろばんは電卓に、
筆はボールペンに替えた現代版(!?)ですが…。

b0191688_1441398.jpg


赤飯ならご飯に困らない、お金はお金持ちになる…など
取ったものにはそれぞれ意味があるのですが、
娘が取ったものは…

b0191688_1582378.jpg


電卓(そろばん)でした。
そろばんは、確か商売上手になる、とか。
よろしく頼みます!!(笑)
ちなみに、息子のとき
食いしん坊の彼らしく、ご飯でした。



というわけで、お誕生日会もこれにて終了!
1歳も楽しいことがたくさんありますように☆




お誕生日に使ってねー!と、
友達からもらった部屋の飾りがかわいすぎて、いまだにはずせず!
紙でできているから軽くて、
しかもたたむとペッタンコになるところも◎。
せっかくなので、しばらく飾って楽しむ予定です。

b0191688_15381516.jpg
はらら〜、ありがとー!!
[PR]
by sakurafood | 2011-01-19 03:42 | こどものこと